「手作り酵素ジュース」と「微量元素ミネラル」についての情報です。

必要なものは?

「手作り酵素ジュース」を失敗なく作るために必要なものは?

作り方の絶対条件
1、水 
基本的には Bikou Water(ビコウ ウォーター)で整水した水で作ると失敗がありません。
(水のクラスター・抽出力・溶解力・浸透力・酸化還元電位などを考慮しています。)
最低でも「腐敗しない水」である事。(波動共鳴する太古の命の水)⇔アクア(AQUA)と表現
2、砂糖(上白糖 又は 甜菜糖)
3、材料(フルーツ・野菜・薬草など)
4、感謝の心
(「すばらしい酵素になってくれてありがとう!」という気持ちが大事です。)

上記の4つが「酵素ジュース」を作るための条件です。
具体的な作り方と内容については下記をご覧ください。

フルーツ酵素ジュースの作り方

例:リンゴとレモンのフルーツ酵素ジュースの場合

用意しておくもの

①密封できる容器(4~5リットル用)
②上白糖 1kg(氷砂糖や黒砂糖は不可です。理由は糖質の組成の違いと絶対量)
③フルーツ (リンゴ 800g  レモン 200g) 合計 1kg
④サーバーで整水したミネラル水 1リットル
⑤濃縮ミネラル水 30cc
( 500mlのペットボトルのサーバー水に「ミネラル生活」を4cc 添加したもの )
*椿の葉があれば 1~2枚 (入れる理由は後述)

基本の考え方 (水・砂糖・フルーツの重量比)   
水 : 砂糖 : フルーツ =1 : 1 : 1
 

作成の手順

①フルーツの汚れを落とす
 農薬除去の対策として、ステンレスボウルにサーバー水(分量外)を入れ、「ミネラル生活」(1cc)を加えた液の中に材料のフルーツを30分から1時間、浸しておきます。

②容器に砂糖1kgとサーバーで作ったミネラル水 1リットルを入れ、よく攪拌(かくはん)します。

③フルーツを皮付きのまま適当な大きさに切り、容器の中にいれます。

④濃縮ミネラル水 30cc と椿の葉を入れて、再度よく攪拌します。

*これで準備完了です。 (ご苦労様でした・・・。) (笑)

⑤直射日光の当らない場所に保管してください。 
(容器が密閉した状態にならない様にフタは乗せる程度で。)

⑥1日1回、必ずよく攪拌してください。

⑦1~2週間くらい経つと発酵がはじまり、(使用するフルーツによってはもっと早い場合もあります。)最初の小さな泡が出るのが収まるとその後、徐々に色が濃くなってきます。

⑧完成までの目安は約1ヶ月です。

⑨出来上がったフルーツ酵素ジュースは、密封容器から漉し器を通してろ過し、ペットボトルに入れて冷蔵庫に保管します。(この時、ペットボトルは密封せず、キャップを少し緩めた状態にしてください。)

⑩飲む時は、フルーツ酵素ジュース約30cc に濃縮ミネラル水約30cc を1:1の
  割合で薄めて飲むようにしてください。
  こうする事で、体に必要な「ミネラル」と「酵素」を一度に摂取する事が出来ます。

*フルーツ酵素ジュースは、1日に1~2杯を目安にお飲みください。

*フルーツ酵素ジュースの基本的な作り方は以上です。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional